フィンランド旅10 サンタクロースに会いに行く@テーマパークだけど

海外旅
Goldenargo.com

Leviにさよならし、来た道を戻る感じで、再びローカルバスにてロバニエミに戻ります。

そして、本日は「テーマパーク」泊まり。友人たっての希望で「あの人」に会いに行きます。

振り返ると、ここ以外ではあまり日本人を含めアジア人をみませんが、テーマパークはほぼアジア人と2割アメリカ人と思われます。なお、12月がピークで世界中から子供たちが来るようです。

という事で、今回はサンタクロースホリデイビレッジ訪問についてレポートしたいと思います。

今夜の宿@サンタクロースホリデイビレッジ

ロバニエミの駅から、このサンタクロース村まで市バスがでてるので、これにのって15分ぐらいでしょうか。今までと打って変わって、「テーマパーク」感満載です。

フィンランドに来て、今まではそれほど商業的な雰囲気を一つも感じませんでしたが、ここは違います。商売っ気満載です。きっと身ぐるみはがされるんだろうなぁ。笑

村は結構広く、サンタクロースの勤務しているオフィスやら、子供遊び場、KOTA(ティピ)のエリアやホテルのレセプション、もちろん多くの買い物エリアとレストランが敷地内にちらばってます。

マリメッコやらイッタラなどのアウトレットのデカい店もあります。その他お土産屋ショッピングモールみたいなやつも。

まずは、ホテルの受付の建物に入ってチェックイン。

きっとここは年中クリスマスムードなんでしょう。

受付で説明を受けて本日泊まるコテージへ。ドイツによくあるような一軒家が真ん中左右対称に同じ構造で2軒長屋になっているようなコテージが50棟ぐらいでしょうか、広がってます。

そして、全部電飾できらきら、玄関ポーチにはクリスマスツリー。きっと雪のシーズンにくると、欧州のクリスマスマーケット的にテンションあがるんでしょうけど、まだ9月。雪はありません。

そして中にはいるとこんな感じ。サウナ付きコテージです。TVっ子の友人的にはTVがベッドの頭側についてて見られへんやんか!とご立腹な構造。改めてみるとそうですね。枕反対にしてみれば~と。あなたこんな所まできてTVみないのよ~と。ちなみに、LeviのガラスイグルーにもTVはありませんでした、リゾートですものね。風景たのしみましょう。

「あの人」に会いに来るためか、結構ファミリー仕様です。キッチン電子レンジ調理器具やらいろいろあります。ベッドの左横ドアを開けるとシャワーとトイレにはさまれて、プライベートサウナがあります。

そして、使い方のガイドも。きっとフィンランド人の自宅にあるサウナこんな感じなんでしょうか。

プライベートサウナ、スイッチを入れて設定温度になるには30分では足らず1時間程必要でした。熱いの好きな友人が90度に設定してたからってのもあります。上記ガイドによるとフィンランド人は70度設定が標準的なのかもしれませんね。

ポストオフィス

到着日は「あの人」に会うのは明日のお楽しみにとっておき、今日はポストオフィスのみ寄りました。

ワタクシ、テーマパークや「あの人」に会うのはそんなに興味なかったんですが、来たからにはいくつかミッションが。

旅慣れてくると皆様もそうかもしれませんが、ほとんど「お土産」を買わなくなります。飾り物とかもらってもねぇと自分の経験から。どうしてもという時は消えモノでお菓子とか食べ物。

ただ、ワタクシの周辺はお菓子とか甘いモノ食べる人がすくなく、ダイエットしてるって方もいてなかなか難しいです。

故に義理を欠いてはいけない所には、外国からのはがきをお土産代わりに送ってます。

便利な電子メールの世の中ですが、外国からハガキって情緒があって良いかなというので、お土産はだいたいこれです。

で、今回。

事前調査によると、いくばくかサンタにお金を払ったら、クリスマスにサンタから該当者に手紙が届くシステムがあるようです。

甥、姪、姑にはこの手を使わない手はありません。

言語も選べるので、甥、姪には日本語。姑には英語で。以前、英語をならってるときいたので、小1の姪に英語でハガキをおくったんですが、不評だったので今回は日本語で。

70代の姑は英語勉強しており、英会話スクールの友人と近所の宮島に観光にくる外人ひっかけて「時間ある、お茶飲んでしゃべらない」と喫茶店に連れ込んで英会話の練習してるぐらいなんで。(いやー、すごいですよね、尊敬します)

ということで、こういうのが今年のクリスマスの日に届くそうです。

「良い子証明」がくるそうで。届いたら私もみせてもらおう。楽しみです。

ちなみに、こちら1か所送るのに8.9€。サンタ商売上手です。

例のあの人と面会

そして、翌朝。テンション上がり気味の友人とともにサンタオフィスへ。いました、おじいちゃん。

Finally!でもサンタに「そんなの関係ねー」って日本語で言われたし、目を離した隙にスマホいじっとったし。

良い子は夢がくずれるかもしれません。笑

そして、さらにサンタに金を巻き上げられます。サンタは手を下さず、手下の姉ちゃんから説明が。このオフィスでは個人のカメラ・スマホでの撮影は禁止なのです。

最初4枚40€を売りつけようとするので、1枚でええんだけど~とごねて交渉し、1枚15€になりました。

きっと普通の日本人は押されて40€で買うか、夢を壊されるので買わない選択が多いのかと思います。事前にチェックしたブログではそんな感じでした。

でもここは、交渉がメインの仕事をやってた身としては、負けへんでと。記念だし15€だったらいいかなと購入です。

ところが、最後ヘルシンキまで帰ろうと空港に行くと、あるじゃないですか!むしろこっちでもよかったかもしれません。ポストオフィスのポスト空港にもおいてました。当日送る用、クリスマス着用と2種類。

でも15€だしたら、本物サンタがハグしてくれますよ~ 

このエリアにはこのサンタビレッジ以外にとっても素敵なコテージリゾートもいくつかあるようですので、オトナの過ごし方が良い場合はそこも選択肢にはいると思います。

ご興味あるかたぜひどうぞ~