フィンランド旅2 ヘルシンキ1日目市内移動とサウナ

海外旅
Goldenargo.com

やっとフィンランドより帰国いたしました。一応リアルタイムで更新できるかなとネット環境は万全だったものの、スマホでの編集にまだ慣れがたりず、やっぱり帰国してからとなりましたので、遅くなりましたが、順々に更新していきたいと思います。今回はまず1日目のヘルシンキの模様をお届けします。

ヘルシンキの空港から中心部への移動や、今回目的の1つであるサウナ体験のレポートです。

空港から市内へ

今回友人とは利用するエアラインが異なるため、ヘルシンキヴァンダー空港で待ち合わせることに。例のごとくバックパック1つで預け荷物ないため、到着時間は友人より50分遅いのですが、そんなに待たせないかというので、友人には待ち時間の間現地SIM買っててもらうように依頼をしてArrivalの出口で落ち合うことに。

飛行機の遅延もなく、問題なく落ち合え、SIMも5日間5ユーロという激安プランで購入できたとのことで、じゃ市内中心部へと移動となりました。そんなに空港からの移動調べてはいませんでしたが、インフォメーションで聞く限り、中央駅へいくなら鉄道が一番簡単でしかも安いとのことで、天井のかんばんを見ながら「Railway Station」のほうにひたすら歩きます。

ちなみに、昨年この空港に来たことあるので、ゲートからイミグレ、出口までわりと長かった記憶がありますが、さらに拡張工事をしているのか、結構出口まで歩く距離があるのと、えっ、ここ通るの本当にあってる⁈て道を行きましたので、皆様をお気をつけください。

さて、鉄道。看板に沿って行ったら特に改札もなく、エスカレーター降りたらすぐホームになっており、じゃんじゃん市内行の電車がはいってきてます。ホームの上に緑の券売機があるので、こちらクレジットカードも使えて市内までのエリアABCで4.6€程。券売機付近に緑のVRってベスト着たおじさんがわからなそうにしてたら英語で教えてくれてたので、とても安心です。

今回初回でしたので、券売機で購入しましたが、鉄道やバス、トラムは下記アプリをダウンロードして個人情報やカード情報入れたら、簡単に電子チケットを購入できます。そんなに来ないみたいですが、改札きたら電子チケットのQR見せるとOKです。ドイツにいた時もDBアプリを愛用しておりましたが、フィンランドもこれは結構便利です。

HSL app

車両も割と綺麗ですし、社内芸人とか変な人もみませんでしたので、旅行者や初心者でも安心して中心部へアクセスできます。

電車に揺られること、30分で中央駅到着。今回取った宿は、Google Mapによると中央駅からほぼ平坦徒歩8分だったのでまぁ大丈夫でしょうと大きいスーツケースの友人はごろごろさせつつ無事ホテルに到着です。

ヘルシンキアクティビティ-サウナ

突然ですが、皆様、サウナはお好きですか?

今回同行した友人は大のサウナ好き、サ道部部員と言うこともあり、オフサイトミーティングとしていくつかサウナを訪れたのでレポートしたいと思いますが、まず手始めにヘルシンキ、都会のサウナを。

到着初日で時差もあって眠い所ですが、寝てられません。ちゃちゃっとご飯食べて、今回メインイベントの一つはヘルシンキのロウリュというサウナ施設を訪れます。

まずはホテルのフロントで簡単な行き方を聞くと、3ブロック先のバス停からバスで簡単に行けると。

この国ではUber使えるかとの質問については「あるけど、あんまり使われてないし信用されてないと言うか、みんな公共交通機関をよく利用する」との事でした。

降りる場所確認も含め今回は運転手さんから買いましたが、後半も1-2日ヘルシンキあるので、前述のアプリも設定。

欧州の都会は本当こう言うのが進んでてアンチ車派鉄子には便利です。

15分もかからず、目的地に到着。バス停前が目指すサウナで建物もお洒落。レストランも併設されてます。

サウナもレストランも予約がいるので、ネットで予約とることをオススメします。料金は貸しタオルがついて一人2時間19€。今日は団体パーティーが入っているのかレストランは予約が取れなかったので、バス乗る前に夕食はビストロで済ませて、いざサウナへ。

Löyly - Helsinki - Tarjoaa upeita elämyksiä ja lämpimiä hetkiä
Ravintola Löyly, Helsinki tarjoaa upeita elämyksiä ja lämpimiä hetkiä niin kaupunkilaisille kuin matkailijoille kotimaasta ja merten takaa.

ここは水着着用男女一緒なので、私は水着着て上からワンピースかぶって行きました。持ってくるの忘れましたが、ビーサンもあると便利です。実は飛行機の中はこの水陸両用水着にワンピースかぶってたわけです。荷物も減って、ごろごろできておススメです。

受付で予約がある旨告げ、バスタオルとロッカーの鍵をもらいます。ロッカーは男女別れてるので、支度の上、先にマナーとしてシャワーを浴びていざ、サウナエリアへ。

休憩所が3つぐらい。最初どこにサウナがあるかわかりませんでしたが、2種ありました。

残念ながらサウナは写真ありません。さすがにNGかなと。あと、中は結構薄暗く、スチームサウナとスモークサウナの2種類あってスモークは最初場所がわかりませんが、外エリアにありました。結構温度も高く、入ったわいいですが、出るとき足の裏がアッチアチで小走りででるかんじです。

そして熱された体を屋外エリアで寝そべって冷やすもよし、階段おりるとバルト海にちゃぽんできるので、水泳もできます。

個人的にはお天気がわるかって空映りのせいか、一応バルト海へちゃぽんしましたが、ちょっと海が気持ち悪くて、すぐあがってきました。そこまで凍えることはありません。ちょうど気持ち良い温度ですが、若干海の生物とか海藻からまったら気持ち悪いと思う派でそうそうに退散です。

屋内の休憩エリアは焚き火もされてて、受付でビールや飲み物も購入可能です。

客層は、正直観光客向けで本気フィンランド人はは一人もいなさそうで、70%日本人客、10%アメリカ人、10%ドイツ語圏、10%その他な感じでしょうか。

ただ、場所も遠くないですし、気軽にフィンランドのサウナ文化を体感するには良い施設と思います。皆様もぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

次回は翌日のヘルシンキ市内散策をお届け予定です、お楽しみに。