スペイン旅7 令和中年使節団、首都マドリードを訪れる

海外旅
Goldenargo.com

スペイン旅の最後はマドリードです。

ここでは王宮やら美術館訪問をメインにつづってみたいと思います。

王宮と市内観光

まずは市内観光というので、王宮、グランピアなど繁華街もぶらーっとまわります。

とっても整然として美しいのですが、アンダルシアと比べるととてもなんというかあんまりです。

好みの問題だとは思いますが。

我が家は毎朝NHKワールドニュースもみるんですが、スペインTVのニュースもたまにやってるので、国王って結構ガタイのいいおじさんだなという記憶がありました。

が、今のスペイン王室、元をたどるとぜんぜんスペイン系ではなくフランスはブルボン系なんですよね。

イザベラ1世とかフェリペ2世の子孫たちと思うと興味も沸くかもですが、途中で挿げ替えられた人々かと思うとあまり興味が持てず。まぁ好みの問題ですけどね。

そんなことより、日々みてるスペインテレビ局がある~、マドリードオープン(テニス)の会場がある~とバスの車窓からはしゃぎます。興奮ポイントが違うようです。

美術館巡り、

そしてマドリードの本命、美術館巡りです。

プラド美術館、レイナソフィアと2大美術館に訪れます。まずはプラド。

こちらはでベラスケスの傑作ラスメニーナスやら、裸のマハなど目玉の絵がお目当てです。

残念ながらこちらは写真が撮れずにイメージはないので、皆様ご想像ください。

ベラスケスのラスメニーナスは結構大きな絵でした。大学時代国際政治の授業でかならずでてくるやつです。主役は王女じゃないよ、後ろからみてる両親だぜってやつです。

海外美術館にいくと、メインのお宝がプレイモービル(レゴみたいなの)で販売されてたりするんですが、残念ながらプラド美術館、なぜそれ!というチョイスになってました。

当然このラスメニーナスか裸のマハでしょうと思うじゃないですか。

でも違ったんです。なぜか自画像を描くデューラー。ええ、そこ?

まぁ、デューラーの自画像の絵、たしか世界史の教科書にも乗ってましたけど、、、

なかなか地味なチョイスです。

毎回何か美術館グッズをお土産で買うのですが、夫今回は買わないのかと思いきや、やっぱり買ったようです。自画像。飾るのかなぁ???

あと、プラド美術館の前に実は日本にはなじみのある教会がありまして。

はい、天正遣欧使節が訪問してフェリペ2世に謁見したた教会だそうです。

へー。

ワタクシそんなに興味なかったんですが、夫はなんだか盛り上がって、天正少年遣欧使節ならぬ「令和中年使節団」」って言ってます。どうも中高キリスト系の進学校だったらしくて、この手のカトリックモノはよく知っているようです。

と、そろそろ時間もタイトなので、「ゲルニカ」を見にレイナソフィア美術館へ移動です。

レイナソフィア

さて、こちらは直前に原田マハさんの書籍で予習済みです。

スペイン旅1 準備編「暗幕のゲルニカ」
今年は夏に母の古希祝いもかねてスペイン旅行に行ってましたので、振り返りではありますが、スペイン旅シリーズとして数回にわけて旅の模様をレポートしたいと思います。書いてみないとわかりませんが、バルセロナ~アンダルシア地方~マドリッドと北部はイケませんが、南部を中心にぐるっとまわるので、数回に分けて書きたいと思います。今回はまず準備編として、予習の為に読んだ「暗幕のゲルニカ」の読書感想...続く

フィクションではありますが、関連情報が頭に入っているのとそうじゃないのではやはり観賞の深さが違います。

こちらの美術館、プラドが伝統的な美術館とするなら、レイナソフィアはどちらかというとモダンアートが貯蔵されているようです。

建物のちょっと雰囲気がちがって、もともと病院だそうで、中庭とか廊下の感じがまさしくそうです。でも正直私の好みではないので、若干病んだかんじで暗いかなぁ。

ゲルニカをたっぷり観賞し、またドラマールのピカソのゲルニカ作成風景の写真の展示もありました。

本当はビルバオにあるグッゲンハイムにも行ってみたいところですが、今回は北スペインはツアーにははいっておらず。また別の機会にビルバオやサンセバスチャンなどは訪れたいと思います。

母の希望により詰め込みすぎツアーでちょっと疲れましたが、ホテルが闘牛場の近所なんでバルで夕食後に散歩することに。

今日は興行の千秋楽で且つ人気闘牛士がでるらしくで開始前は人ですごい事になってましたが、建物がタイルやらアラベスク模様もあってとても美しく外から見るだけで満足です。

後はホテルでスペインのTV三昧〜 ローカルTV見まくりです。

でもなぜかやっぱりみるのは、スペイン語吹替のX-men アポカリプス。

TVのリモコン結構いじりましたが、オリジナル音声にできないので、スペイン語吹替で。2度ほどみてるので筋はわかるし、ええかと思いながら。

あとは明日、飛行機のって帰国です。なかなか忙しい旅でしたが、アンダルシアをはじめ素敵なスペインの歴史文化にふれられてとても実のある旅でした。結構疲れましたが、とってもおススメですので、次の旅の参考になれば幸いです。