スペイン旅9 スペイン土産 油と酒

料理・食
Goldenargo.com

さて、スペイン旅も終了しました。

旅の余韻をもう少し楽しみましょう。旅行は行くまでのプランニング期間+旅行期間+旅行後の振り返り期間と結構長く楽しめます。

ミニマリストはお土産も最小限ですと以前も書きました。

雑貨類はほとんど買いませんので、昨今の海外土産はもっぱら消えモノ、特に旅行中に持ち歩きたくないので、もう最後の空港で免税ワインを買うぐらいです。

というので、今回購入したオイルとワインについてレポートしたいと思います。

今回の戦利品、まずは美味しい油。

さて、今回かったのはオリーブオイルとワイン3本。

まずはこちら、オリーブオイル。

これはどちらかというと、いわゆる「ジャケ買い」。

この素敵なフォルムの瓶で高級エキストラバージンオリーブオイルがはいっているってので、割れるの心配しながらかいましたが、ワインもふくめてちゃんと頑丈な段ボールの箱で梱包してくれましたので、安心です。

スペイン各地のスーパーでもオリーブオイルはよくチェックしたんですが、いわゆるガロン売りですか?!(EUは違う単位と思いますが)というような巨大な容器に入っているものもあって、重いし最後に空港でと。

空港で買うともちろん割高ではありますが、特にエキストラバージンオイルって日米においても偽装がものすごい多い食品ですので、安心を金で買う感じで多分品質的には間違いないであろうと空港で買いました。

うちの母も自分用と妹家族へのお土産用にご購入。

使った後も瓶を再利用できるかなぁと期待しましたが、実際にはこのコックというか栓のコルクが折れてしまい、残念なことに。

また、よくあるのかもしれませんが、この瓶自体が結構重くて細ーく注ぎにくいのです。注ぎようの口を付けてとも考えましたが、瓶の重さに閉口して、そのままサヨナラすることに。

ただ、さすがに中身のオイルは本当に美味しくて! 日本でもどっかで同じようなのまた売ってなないか探す旅にでないと。

本命のお土産、スペインワイン。

空港の免税品売り場で、免税扱いになるのは酒類3本まで。

知人に聞くと、3本超えても種類の税金そんなに高くないそうですが、3本以上は重くて持ちたくないってので、それ以上は購入したことがありません。

今回は夫も一緒の旅でしたので、世帯で計6本買えますが、我が家はそこまで酒飲みではないのです。

本当に飲むなら箱単位ででちゃんと温度管理ふくめて商社通して買うでいいよ、もちろん料金は上乗せですが、手間賃とか考えたらぜんぜん良いです。

あと、地産地消って考え方、まさしくその通りだと最近思うのです。

現地で美味しい、良く見えたものも、日本に持って帰ってくるとパッとしないとか、何トチ狂って買ってしまったんだろうという若い頃は苦い思い出も多かったです。

なので、できるだけ食べ物も現地で大いに楽しめば、貿易の盛んな世の中、お金出せばだいたいのモノは手に入るので、あまりこだわらなくなりました。まぁ経験と年の功と世の中の進化によるものですねぇ。遠い目。

さて、そんな感じで今回選んだのはこの3本。

旅の途中で度々ガイドさんにどのワインが美味しいと聞いてましたが、皆さんどれも美味しいとおっしゃりますが、やはり一押しは「リオハ」ワイン。ドゥエロ川(リベラデドゥエロ)流域のワインだそうです。

今回ワインの産地には行きませんでしたが、どこでもこのRIOJA(リオハと読みます)が出てきました。

そして、スペインワインの区分として教わったのは、

  • ティントホーベン:若いワイン (ビーノティントが赤ワイン、ビーノビアンコが白)
  • クリアンサ:6か月以上樽熟成、さらに24か月以上の熟成した寝かしたワイン
  • レゼルバ: 12か月以上樽熟成、その後36か月以上熟成したワイン

ティントホーベンでもぜんぜん美味しいし10€もしない5€のスーパーのワインでも美味しいとのことでしたが、まぁ一応お土産用なのと、家のみ用とは言え、数は多くないので15€~20€ぐらいので充分だろうとこの3本をチョイス。

もうまったくスペインワインは詳しくないので、値段とラベルでチョイスです。

家庭での楽しみ方

さて、お土産であげちゃったぶんは味はもうわかりませんが、自家消費したものについて。

「世界入りにくい居酒屋」を見てると一杯やりたくなり、(見てるのはシャンパーニュで有名なランスですが)我が家では朝仕込んでおいた自家製ツナとスペインで買ってきたRIOJAワインでアペリティーボを楽しみました。

世界入りにくい居酒屋
世界のどこでも、いい居酒屋は必ず、入りにくいオーラを出しまくっている。この番組は、世界の有名観光地に・・・

初めて自家製ツナ、これまたスペインで買ってきたオリーブ油で作ってみましたが、簡単でうまい!

【自家製ツナレシピ】

  1. キハダでもめばちマグロでも安いのでいいから、塩して30-40分冷蔵庫で寝かせます。
  2. 水分拭いた身をオリーブ油ひたひたになるぐらい鍋で中火ー弱火で色が変わるぐらいまで煮込みます。
  3. 煮る際に オリーブ油に潰したニンニク1-2個とローリエ、あとはお好みでスパイス入れて一緒に煮てください。

余熱冷まして冷蔵庫で一週間〜10日は持つようですが、今日中に全部食べちゃうかもね。

後でレッドキドニービーンズの水煮と和えてサラダにしようと思ってるので、まずはツナだけで味見。

カツオでもいいみたいですが、今回は298円の切り落としマグロサクで。

いゃ〜缶詰には戻れません。皆様もぜひお試しあれ。

で、肝心のリオハワイン。はいとても美味しゅうございました。

味がしっかりして濃い、でも渋いのではなく飲みやすい!

写真のレゼルバだけではなく、クリアンサのほうでもぜんぜんものすごーく美味しかったので、今度からスペインワイン、日本でも探しちゃうかもしれません。

やはり、太陽と日差しがぜんぜん違うから美味しいでしょうねぇ。とスペインの大地を思い出しつつ味わいます。

旅は帰るまでではなく帰ってからも余韻で楽しみましょう♪