コロナ引きこもりご飯、自家製プロテイン入りアボガドバーガー。

料理・食
Goldenargo.com

本日の引きこもりアクティビティ。

コロナ騒ぎでなかなか外出できない今日この頃、ワタクシは料理をレジャーとして楽しんでおります。

この際やったことなかったメニューにチャレンジというので、週末、夫のリクエストに応えて自家製ハンバーガーに挑戦。

なお、このバーガーなんとプロテイン入り。

今回夫向けに強力粉ベースで作っておりますが、ふすまパンミックスでつくれば立派な糖質制限食でありMEC食にもなります。

引きこもりアクティビティーについて綴りたいと思います。

前夜にバンズを仕込む。

我が家、ワタクシの糖質制限の為に昨夏ホームベーカリー(以降HB)を購入後、パン類はすべて手作りです。

基本ワタクシは糖質84%OFFのふすまパンミックスを使って、夫はそこまでやってませんので、普通の強力粉をつかって日々のパンを作っております。

今回は初チャレンジが2つ。

1つはハンバーガーのバンズ作り。

HBのパンタネ作りの機能を利用して1時発酵まではHBにお任せ。

今回はロールパンのレシピでタネまでつくります。

その後、15分ベンチタイムとってガスを抜き、成型後冷蔵庫に入れて低温発酵。

寝ている間に発酵で朝冷蔵庫からだして、コンベクションオーブンで200度15分焼きます。

なかなか素敵な照り焼きバンズできました。

溶き卵を塗ってから焼くのですが、卵がいい仕事してます。

すりごましかなかったので、ゴマ粒振るのは省略で。

2つ目のチャレンジ。

今回はバンズの強力粉280gに10g程プロテインパウダーを追加しています。

ワタクシ、プロテインは摂取したいのですが、どうもドリンクとしてプロテイン飲むのが苦手です。

どうにか料理に混ぜて栄養価を上げるべく、最近小麦粉の代替で使えないか研究中。

パンだと粉の量にたいして10%ぐらいまでの代替ならOKのようです。

以前多めに代替したら結構水分が多くなってしまったので、水の量を減らすか、強力粉はそのままで10~20g追加するのが良さそうでした。

ひき肉のパテにもプロテイン

次はパテです。

朝食後玉ねぎのみじん切りを炒めて冷ましておいたので、ひき肉、スパイスと玉子今回はつなぎにプロテインパウダーを小麦粉代わりにつかってみました。

今回のハンバーグのつなぎはまったく問題ありませんでした。20g程を肉500gに対していれました。

パン焼くためにオーブンに予熱入れる間の平行作業として、全部の材料ボウルにいれて練ります。

キャンプ用のちびパンで表面を焼いて、パンを焼きあがってオーブンが温かいうちに、ちびパンのままパテも10分180度でなかまで火をいれます。

最後はレタスを洗ってちゃんと水けをふいてから、バンズにアボガドと共に挟みます。

お好みでマスタードやマヨネーズ、ちょっとだけチリパウダー(七味でもOK)をかけてできあがり!

初めてにしてはなかなかアガルいでたち、その映え姿!

とても美味しくいただきました。

次回はこれに溶けたチーズトッピングでダメ人間に向かいたいと思います。

打倒近所のBrozers’。