ミニマリストの家電買替-ブルレイレコーダー

ミニマムライフ
Goldenargo.com

最近我がログの傾向分析がつづいておりますが、家電系もそこそこ読まれているようで。

特にプロジェクター。

ミニマリストとプロジェクター
本日我が家にパリから友人が遊びに来ましたが、毎回我が家に来た客人、皆揃って我が家のプロジェクターの虜になります。 ということで、今回は短い記事ですが、ミニマリストと相性の良いプロジェクターについてつづってみたいと思います。客人、何がそんなに良さげに見えるのか?結果から言うと、我が家に訪れた客人、ほとんどこのプロジェクターを後日購入しております。ワタ...続く

画像へのこだわりがどこまでかにもよりますけど、いくら画素数増えてもパブリックビューイングとかの巨大映像以外でいうと、人間の眼の認識能力の問題もあるので、豚に真珠てきなこともあるので。

これはマジおススメです。

省スペース。

TVって液晶でも圧迫感ありますし、地震で倒れたりしないですし。

このプロジェクターにつながっている「受像機」としてもつかっているブルーレイレコーダー。

そろそろ我が家の買替タイミングになっているので、今回はミニマリストはどんな感じで家電買替をやっているかご紹介しようと思います。

ちなみに先に書いちゃいますが、新規で購入したのはこちら。

後程、良かった点も旧モデルと比較してレビューします。

家電のサイクルと取得費用

我が家の家電管理担当は夫です。

AV機器オタクなので、 調理関連のもの以外は全部まかせてます。

若かりし頃は、5.1チャンスピーカーから家庭内LANで家電連携とか色々やってたようですが、一通り極めたらしいので、最近はほどほどに治まっているようです。

まぁワタクシが一通りゴージャスなブランド品とか買いまくって現在落ち着いているのと一緒かもしれません。

ゆえにこの方法はどちらかというと夫のやりかただったんですが、結婚後は我が家の「モノ」買替に応用されております。

  • 基本的に「売る」(下取り)を前提に買うのです。
  • ゆえに、あまり長期間使用しない。
  • ある程度売値が付く短期での利用。
  • そこそこ新機能追加など技術進度の早いモノは特に短期サイクル。
  • 逆にある程度技術出尽くしの白物家電は一般的な耐用年数使用の上電気屋さんでリサイクル回収。

実際にかかった費用は下記。

夫のリサーチ結果SONYストアのクーポン等適応するとそこで買うのが安いというので、ネットで注文。

別途ヨドバシの店頭価格を調べると10万ぐらいだったそうですので、もうSONYストアでポチリです。

ちなみにSONYストアで提携している下取り(ソフマップ系らくうる)だと、買取7000円ぐらいだったようなので、じゃんぱらのほうがお得でした。

新規買値:86,000円(割引クーポン適応後の金額)

じゃんぱらで下取り: 16,500円(傷が無ければ18000円だったそうです。)

購入費用:= 約7万円

ちなみに旧レコーダーは65,000円程での買値です。

4年程使ったので、月1000円ぐらいの費用だった計算です。

あまり古くなってしまうと、なかなか値段がつかないので、4年ってギリですかね。

夫が若い頃はモデル改定もはやかったようで、2年サイクルぐらいだったそうですけど。

今でいう「サブスク」とか昔からある「リース」みたいな感覚ですね。

固定資産にしても耐用年数で費用償却するじゃないですか。

基本そういう考え方でモノの「取り扱いコスト」も含めて「コスト」と見なして計算です。

家も家電も「所有欲」はあんまりないので、最新技術のものが「使えれば良い」のです。

お待ちかねの新機能

夫は張り切って新旧移行作業です。

かなり嬉々としてやってます。

オタクですね。

まぁ全部やってくれるので楽ですけど。

で、夫の報告によると今回新モデルで特出すべき新機能。

まぁ4K対応というのはありますが、プロジェクターがまだ対応してませんので、これは範囲外。

一番は「お引越し」機能

すごいですね、新旧移行用プログラムが追加されているようです。

レコーダーのHDに記録中の録画コンテンツを綺麗に移行できたようです。

スピード的にはディスク焼くぐらいですかね。

あとは、新モデルメニュー選択、カーソル移動の反応が速い!

旧モデルはたまにイラっと動かないことがありましたが、ノンストレスです。

UIの画面もバックが黒系になった感じですかねえ。

物理的な箱の大きさは旧モデルより若干厚みが増えた気がします。

大きさはほぼ一緒なので、段ボールなどの梱包材のサイズは一緒でしたね。

欲を言えば、お任せ録画などの設定済みキーワードなど設定済みのプロファイルデータをお引越しできれば直良しです。

SONYさんどうぞご検討ください。

まとめますと、ミニマリストのモノ管理におけるポイントとしては、

  • 使えるリソースを活用した他人の活用(夫が全部作業する)
  • 売るを想定して、買う。
  • 売れるように綺麗に使う。
  • 売れるように短サイクルでまわす。

家電に限らず全般的に言えることと思いますが、やっぱり一番のポイントは「サイクルをまわす」ですね。

我が家はホント、出雲大社等の「式年遷宮」形式で20年もかけませんが、基本あるものは無くなるけいしきで、まわしていくってのを重視してます。

どうですか?ご利益もありそうでしょう~

地球や人類の歴史をみてもそうですしね、サイクルが止まるとそれはすなわち「死」ですから。

この辺を意識しながら、モノも「短期間つかわせてもらっている」地球からの借り物と思えば、強欲になりませんし、大げさに断捨離~とかしなくてもよくなると思うんですけどねぇ。

ご参考になれば幸いです。