時事ニュース

スポンサーリンク
時事ニュース

AI翻訳の実力

妹にDeepLという翻訳サイトがGoogle翻訳よりマシだというので(日英の場合)、さっそく踏み絵を試した。 これで思い出すのが、夫の20年前の鉄板爆笑ネタ。 日本語→英語への翻訳の苦しい感じがものすごく伝わり、でも爆笑しちゃうというのを共有したいと思います。 日本のお仕事における決まり文句、でも直訳したらあかんだろう。 当時夫の仕事はソフトウェアの保守サービスな...続く
国内旅/近所

やるな、キンチョー、日本の夏。

日本橋周辺には結構シブイ会社があります。 桃屋とか日清紡とか。 散歩ルートにあるキンチョーこと大日本除虫菊株式会社。 こんな会社名って知ってましたか? 若い人は分からんと思いますが、錦帯橋の日本の夏とか郷ひろみの昭和なCMが秀逸だった記憶です。 最近民放はほとんど見ないのでCMはご無沙汰なので、HPを見てみました。 HPや広告がスゴイイケてるので一度ご覧あ...続く
時事ニュース

日本の行政、システム完結できる処理は1割未満。ヒドイ。

まだ、10万円届きませんねぇとおもったら、6/18の日経記事。 ひゃーひどい。 農林水産省とか国土交通省とか、低すぎないかい。 まぁ各省の体質ってやつですか。 もう、あきれて文章が書けません。 そりゃ10万円もマスクもなかなかこないよ。 ちなみに新しい国だから出来るってので100歩譲っても、エストニアと比べてみてください。 行政手続き99%システ...続く
時事ニュース

コロナ下における、輸送事情の謎。料金とそのリードタイム。

コロナ禍期間に限った話ではないのかもしれませんが、まぁ物流は通常よりも停滞?しているようですね。 日本の物流企業は優秀ですから、どちらかとういうと需要増加が一番の要因とは思います。 が、しかし。 これがグローバルになっちゃっているお買い物事情の今、海外からの輸送品というのも少なくありません。 という事で、本日はなんだかおかしくない⁈という物流SCM事情について綴ります。 ...続く
時事ニュース

やりすぎエレベーター@図書館からみる、ポリスとアフターコロナ。

久々に図書館がオープンと聞きましたので行ってみました。 すると、こんなエレベーターに! やりすぎ!笑 でも、モンスタークレーマーいるんでしょうねぇ。じゃ家に引きこもっとれよ〜 自粛ポリス 正直、日本ではインフルエンザより死んでないし、ただの風邪。 死んでるのもほぼ老人と基礎疾患ある人達なんで、インフルとか普通の風邪拗らせたらコロナでなくても死にます。 ま...続く
時事ニュース

コロナによる広島帰省困難者向けセット

ちょっとブログを中断気味でした。 初夏の仕事として色々忙しくしておりまして。えへへへ。 おいおい、その辺もブログにアップしていきたいと思います。 さて、先日夫の誕生日で広島の実家からの贈り物が来ました。 何かと思ったら、コロナによる帰省困難者向けセットだそうです。 自治体もあの手この手です。 広島菜の紫漬けオタフクのお好み焼きミックスレモスコもみじ饅頭セット尾...続く
時事ニュース

WTI原油暴落、マイナスってスゴイ。

今朝(昨日)の我が家のトップニュースはWTIの暴落。 出典:日経新聞電子版 朝からモーサテでもこの話題で持ち切り。 先週もWTI20ドル台であったり20ドル切ったりと、私が意識して見だした時は60ドル前後でしたが、それでもスゴイのに、ゼロ振り切ってマイナスって。 売り側がお金払って買い手に持っていってもらうってことですよね?! スゴイ時代です。 思った...続く
時事ニュース

巷のコロナ離婚、まぁそうなるよねぇ~

コメの研ぎ方から? 世の中のお父さん達、そこからですか⁈ NHKの「今日の料理」という長寿番組は皆様ご存知だと思います。 たまたま見たら、驚愕の内容が。 最初は普通にお父さんにもできる料理として親子丼を作ってました。 まぁこれはいいでしょう。 問題はその後。 やっぱりここから知りたいというニーズに応えて的に紹介しはじめたのがなんと「コメの研ぎ方講座」。 ...続く
時事ニュース

コロナを梃子に技術革新すすめる独裁国家。北京の地下鉄予約アプリで混雑緩和。

ワタクシ政治思想的に右も左もなく、できるだけニュートラルで良い事は良い、悪いとしたい人です。 なので、中国のどうこうってのは特にないんですけど、生命力の凄まじさはいつも感心します。 転んでもただでは起きないというか、3000年の歴史は侮れません。 人口が多い分、ダメな人とできる人の差がアメリカ以上にある国だなと思いますが、香港、台湾含めた中華民族、できる方はすさまじいですね。 ...続く
時事ニュース

コロナ騒ぎから、「感染症の世界史」を読んでみる。

なかなか、収まる気配の見えないコロナウィルス。 あんまりぱーっとしないTV解説の中、先日初めて面白いと思う解説者の方が、いらっしゃいました。 過去のペストなどのの感染症がどう広まって社会がどう変化したか、歴史からのアプローチです。 よくよく調べたら、この方キャノンの研究所の方でもあり、我が母校の客員教授でもありました。 なるほど、APUの学長さんの出口さんぽい切り...続く
スポンサーリンク