ふるさと納税デビュー2018

セミリタイヤメント
Goldenargo.com

お恥ずかしながら、サラリーマン辞めようと思った年までまったくふるさと納税に見向きもしなかったのですが、仕事辞めるんだったらちゃんと節約とか考えるかと思い立ち、やっとのこと開始しました。結論としては、なんでもっと早くしなかったんだろうと反省。

これまであまりにもお金に無頓着だったことを反省した2018年なんですが、こちらもまさにそう。ただ実は一度夫にも相談したことがあったんですがあまり良い反応ではなかったので、むにゃむにゃになってたのです。

夫はあまり乗り気ではなく、うちの区のサービスが悪くなってイタリ〇みたいにゴミ収集してくれないと困る!というので今までは完全にノーケアでした。ただ、そうはいってもお国が定めて上限もあることだしというので、とうとう重い腰をあげて調べてみることに。

そういえば昔某先輩がこんなこといってたなと。前職にふるさと納税の達人がいらっしゃっやので、その先輩は達人にもらったアドバイスをこちらで共有します。

先輩Sさん:達人さん、私ふるさと納税はじめてなんです、どのサイトでどうやったらいいですか?

達人:Sさん、まずあなた姿勢が間違ってます。サイト探すのではなく、あなたは何が欲しいですか?胸に手を当て自分に問うてください。そしてそのほしいもの+ふるさと納税でGoogle先生に聞けばすみます。ほら簡単。

先輩:はっはーん。

と、こんな感じだそうです。事前知識はあったものの、何ほしいって言われてもなぁと、そしてべたにふるさと納税のポータルサイトでどんなものがあるかサーフィンすることに。

あとは、どうせなら何かかかわりのある場所か、本年は災害も多かったので被災地に寄付できればというので、考慮の結果選んだのは下記。タラーン。

山梨県富士吉田市

まずは夫の縁がある富士吉田市のお肉。半年間定期送付いただけるようで、今までいろいろお肉をいただきました。美味しくいただきました、ありがとうございます。今月分は写真を撮り忘れましたが、富士吉田牛のサーロインステーキでかいの3枚いただきました。

北海道大空町

2018年は地震被害もあったので、北海道の2つの自治体に寄付することに。こちらも半年野菜や特産物の定期便をいうのをいただきました。毎回何がくるかわかりませんが、ワクワクしますね。

ちょうどニュージーランドに出発前に野菜が届いたので、さすがに夫婦2人では消費できないということで、義理の姉、私の妹一家にもおすそ分けを。北あかりって食べたことなかったんですが、とてもねっとりしてて美味しいジャガイモでした。特産物の認知度アップといったマーケティングにもなりますし一石二鳥ですね。

北海道厚真町

こちらも被災地とのことで、選択しました。毎月5Kgのお米、ゆめぴりかが届きます。うちは平日はザ・日本の朝ごはんでお米大好きですので、昨今は温暖化の関係か美味しいお米エリアが北上している説を支持ておりますが、山形のつや姫や北海道ブランド米を好んで食しております。美味しくいただきます!

岐阜県関市

最後に、これは純粋にほしかったものから選択。S先輩のノウハウを生かした方法です。

ちょうど一人暮らし始めた社会人5年目に購入したヘンケルのキッチンバサミが固いものをを切ろうと奮闘した際破壊されてしまいました。プラスティック部分がその強度に耐え刃の部分とわかれて壊滅。ということもあったので、久々にキッチンバサミを新調するにあたり、何を使おうかと物色してたところでした。希望してたポイントは次の通り。

  • フルステンレス
  • 切れ味はもちろん、
  • デザインとして美しいもの

候補はいくつかあったものの、お値段もいろいろでフルステンレスは結構高い。あとフルステンレスでお値段も許容範囲だけど、デザイン的にどうも気になるって感じでポチリするまでには至ってなかったのです。このリサーチの際、自腹購入するにはちょっと高いなでも素敵だなとなってたのが、貝印さんの関の刃物シリーズのハサミだったんです。S先輩伝授ノウハウで検索したところ、まさしく本場関市がふるさと納税で提供しているではないですか!

早速使わせていただいております、いいものをありがとうございます。マ・クベばりに「あれはいいものだ」と勝手認定させていただきます。

あとは、控除手続きがありますね、これはまた別の記事にて。