着物ライフの履物、それは地下足袋。

着物
Goldenargo.com

御神輿を担ぐわけではありませんが、地下足袋をゲット。

それもエアー入り!スゴイ。

和装ライフも着るのは慣れてきましたが、歩くのがハードル高くて。。。

最初に母と三越日本橋に入ってた草履の老舗、神田胡蝶で1足入手したんですが、鼻緒が痛すぎてぜんぜん歩けません。

はきもの匠|神田胡蝶
明治32年創業の「はきもの匠 神田胡蝶」が、江戸の粋を伝える神田明神参道にて直営する専門店です。 心行くまで素材や型を選び、履き心地を確かめていただくための上質な空間。そして、きものをお召しになるお客様とご一緒に、和の文化を発信して参りたいと思っております。

なんどか職人さんにも調節してもらったんですけどね。

エナメルの皮がちょっと私の脚には硬いようです。

歩けんことには、着物ライフ楽しめません。

今はコロナで出歩けませんが、この先、京都奈良ギリシャとか歩き回り旅行、草履で歩ける気がせーへんのです。

今のうちに何とかせねばとプランBを考えてると、ふと閃きました。

庭仕事をしたり登山するとたまにいる地下足袋強者を思い出し、よさこいとか踊り系も着物に地下足袋やんと。

なんだったら嘘つき鼻緒くっつけたりデコればいいか。

調べるとSousouとか可愛いのもありますが、半襟と足袋は白が良いのでこれに。

履き心地は、コンバースのスニーカー履いてるがごとく。

鼻緒部分などまったくストレスなく、すたすた歩けます。

試しに上野の美術館はこちらで行ってみました。

最初に上野の美術館着物で行った時は、胡蝶の草履で足が痛くてかなり小股でゆっくり歩くので、夫がキレそうでしたし。

これで歩き回り人生、着物でも大丈夫そうです。

流石にお茶のお稽古は歩く距離も短いので、胡蝶のエレガントな草履で行くのでご心配なく。