コロナ引きこもりから見る、新しい妄想図書館。

時事ニュース

先日予約本が来たというメールを受信したので、近所の図書館にささっと行って受け取ってきました。

一応HPで開館しているかチェックすると空いてそうでしたので、マスクを着けてささっと。

先週の段階では、 閲覧用机と椅子撤去、学習スペースの閉鎖で書架は自由に出入りできて、新聞居眠りおじさんとかサボリーマン居なくて快適でした。

が、さすがに都知事の要請後4月中旬までは書架へも立ち入り禁止で全般的に衝立があってほぼ利用できません。

現在のサービスとしては開館はしているものの、基本ネットで予約、予約本が確保できればメールで通知、その予約本の受け取り、返却のみが使えるサービスとなっておりました。

まぁできるだけ人が集まらないようにという、コロナ対策の一環ではありますが、これをみて、であればもっとアフターコロナ技術イノベーションでトランスフォームしてほしいなぁ、というので本日はワタクシの勝手な妄想を綴ってみたいと思います。

アフターコロナの図書館ー妄想ベース

ワタクシ幼稚園の頃から図書館を利用している「図書館の妖精」になりたいほどの図書館LOVERです。

幼稚園時代、紙の図書館カードと本の最終ページにはった返却日付のスタンプ時代から比較すると、現在の図書館はかなり進化しました。

検索予約は全部ネットでできるのできますし、書籍にはICタグがついているので貸し借り作業もRFIDタグのリーダーを利用してとても 便利です。

図書館カード自体はまだ物理的なモノもありますが、自分のNoをネットで登録すればフェリカとしてデジタルでスマホで携帯できるため、スマホで書籍の貸し借りができちゃいます。

ほんと、スゴイ進歩だとおもいます。

が、しかし。

今回のコロナ騒動をうけて、このような事態も想定すると、もう一歩踏み込んだ革新イノベーションをおねがいしたいなぁと。

一番大きいのは物理書籍のデジタル化です。

電子書籍新規で買わなくても、今ある本自炊すればぜんぜん出来そうだけどもなぁ。

もしこれができれば、巨大なDBやシステムは要るものの、国会図書館に1システムあれば全国民がこちらで書籍を貸し借りできます。

iTuneストアでレンタルするように、デジタルデータなので、有限での貸し借り期限設定できますし。

閲覧のみで貸出し禁止本とかなくなりそうだし、区とか都道府県じゃなく国で一か所整備して、作業人員、書籍のダブりをなくして合理化できそうです。

また、書籍の落書きとか切り取り、返却遅れも無くなるし、台風被害で水没や増え続けるスペース問題も解決。

予約順番待ちもないでしょうし。デジタルなので。

ただし、閲覧用固定PCかタブレットは機器を持っていない人向けに数台閲覧室に用意してもらい、大学図書館にもあるようなちゃんとした司書がいるレファレンスサービス、学習ブースだけ引き続き区で運営してもらうでどうでしょうか。

不特定多数の人が触るものとして「現金」とか図書館の物理的な「本」とか、まぁウィルス付着するといえば付着しちゃいますしね。全書籍返却時に消毒できないでしょうし。

物理書籍の新規購入メンテナンス物理的スペース確保、人件費などなどに掛かるコストで充分システム維持メンテナンスの費用できそうですし。

その上、多大な税金投入している「マイナンバーカード」を使わない手はありません。

納税情報から住民票情報などすべてあるので、新規で図書館カードとか作らなくてもOKではないでしょうか。

昨今のコロナ騒ぎでのマスク配布や現金支給でもアイデアとして出てますが、なんでつかわないんでしょうねぇ。

とは言え、著作権の問題も。

ただし、現在オンライン授業等でも規制緩和がうたわれているコンテンツの著作権問題という山を越える必要あるかもしれません。

この辺り、詳細が良くわからないのです。

かなりの昔から「図書館」という公共サービスがあるので、コンテンツの使いまわしの考え方ってここはどうなってるんでしょうかね?

これもおいおい調べてみようと思います。

まぁこの前のピアノ教室のJASRACの裁判ではないですが、きっともろもろ面倒なんでしょうけど。

ですが、この先世の中どんなリスクがあるかわかりません。

今回はコロナですが、北斗の拳とかマッドマックスみたいな世界がくるかもしれませんし。

ちゃんと行政サービスもBCP整備しておいてほしいですね。

その上、この図書館システム、ソフトウェアに関わった者の視点から行くと、システム自体はそんなに難しくないです。

一つつくってある部分だけパラメータ化してカスタマイズ可能にすれば、世界中の国・行政サービスに売れそうだし、ずーっとサブスクリプションでメンテナンス事業もできそうだし。

エストニアとかデジタル先進国とかやってないのかなぁ?

行政サービスとかはすべてネットで国民番号みたいなのでできるとニュースでききますし。

コロナ騒ぎで4月の異動にともなう引越しなどでの転入転出もそうです。

区・市町村の行政サービス、基本ネットでできるよねぇ。

転入転出手続き、郵送でできますと今朝のニュースで報道しておりましたが、これも正直イマドキダサい。

確定申告で本人確認含めてマイナンバーつかったりと電子データでぜんぜんできるんだけど。

はやく、誰か作って~と妄想してみるのでした。