コーヒー好きのコーヒーミル

ミニマムライフ
Goldenargo.com

皆様コーヒーはお好きでしょうか?

昨今は「牛乳多めコーヒー」が流行っているようですが、 好みとしては香り命、味はあくまでもコーヒーの味を楽しむ ハンドドリップのブラック派です。前職でも某コーヒー屋さんのお仕事ましたが、まったくもって悪びれもせず自分たちでも「牛乳屋」とおっしゃってまして、色々だなと勉強させてもらいました。

さてそんな折、コーヒーミルを買い換えました。最近までは実家に放置されてた25年物のどっしりしたクラッシック手動コーヒーミルを利用しておりましたが、上蓋がないため、どうしてもゴリゴリぽーーんと豆が飛び散ってしまいます。

この掃除がメンドウで夫と相談、いくつかのWebサイトを参考させてもらって勉強した結果、なんとコーヒー好きなら手動ミルは評価低なことが発覚いたしました。(がガーン)

通は業務用のカット式自動ミルを使うべしとの御指南ではあるのですが、モノもそのの置き場もできればミニマムに保ちたい我々はなかなかミシン並みに大きい業務用電動ミルという選択は難しく、諸先輩のNGはついているものの比較的手動ミルならセラミック刃である2つを候補にあげていただいてたのですが、結局いずれにも決定せず、ハリオのこちらのタイプに決めました。

決め手としては、以下ポイントに。

  • 大きすぎない、コンパクト
  • セラミック刃でできるだけ均一に豆をひける構造設計
  • 適度な重さ
  • そして、できればデザイン。モノとして美しい子。

最終的にはポーレックス社のアウトドア持ちだしもOKなミルと購入したハリオのミルで迷いました。キャンプや登山に持っていくかとなると、うちらはこだわりよりも重量重視で使い捨てドリップなる素敵なモノが日本にはあるのでこちらを選択。(外人が感動してた日本のおもてなし。海外は少ないのですよ、ドリップ式使い捨て1杯づつのコーヒー)

ネットに転がっている動画等で比較したところ、どうも軽すぎるとぐるぐる回すのが難しいのではないか、あと筒が丸いとひっかかりがないが、微妙に四角だとまだグリップが効くのではないかというの仮説及び結論から、 写真にあるハリオのPRISMに決定。

で、実際購入後どうだったかというと。これが大正解。

  • 肝心の味:ぜんぜん美味しい!
  • 目視確認レベルでは豆のひき方は均一
    • 25年物の全くメンテナンスしてない刃とくらべるとどれでも美味しくなるのかもしれませんが。。
  • ポーレックスに比べて倍の重量(50g)PRISMですらかなり強力におさえて握らないと持ち手がもっていかれるので、これより軽いミルだとやはり非力(?)な女手ではしんどい。
  • 同様に微妙な資格フォルムで引っ掛かりがあるので、グリップはしやすい。
  • 豆が飛び散らない!構造上当然ですが、以前のものと比べると挽いてる最中、フィルターへ移し替える際の粉の飛び散りが激減。

ということで、もし最近コーヒーの味どうかねと思ってらっしゃる方、一度ミルを再検討いただくといいかもしれません。コーヒーライフを楽しみましょう♪