コロナ下における、輸送事情の謎。料金とそのリードタイム。

時事ニュース
Goldenargo.com

コロナ禍期間に限った話ではないのかもしれませんが、まぁ物流は通常よりも停滞?しているようですね。

日本の物流企業は優秀ですから、どちらかとういうと需要増加が一番の要因とは思います。

が、しかし。

これがグローバルになっちゃっているお買い物事情の今、海外からの輸送品というのも少なくありません。

という事で、本日はなんだかおかしくない⁈という物流SCM事情について綴ります。

レノボの赤ぽち、Made in Japanだけど深センから国際便輸送。

ワタクシが毎日使っているPC。

サラリーマン時代からのなじみでWindowsPCで且つ海外持っていっても変圧器不要がちゃんと担保されているという理由でレノボのラップトップを使っています。

「Mac」を使っているサラリーマンは「まともなアウトプットだせねぇぶら下がり野郎」って偏見を持っておりますので、仕事でMacを使う人間は軽蔑の対象です。キッパリ。

文筆業や芸術系の仕事ならまぁわかりますが、B2Bビジネス利用でMacってあり得ないでしょう。

サラリーマン時代、グローバルIT企業の業務用PCとして、利用できるPCの対象としてMacも選択はできました。

が、Macは不具合起きても会社のITが面倒見てくれないPCとなっておりましたので、論外です。

敢えてわざわざ自分で仕事増やしたくなかったですしね。

色々不具合出てる人も良く見たので、そういう「カッコよく見えるだろ、俺」のためだけに重要な時間というリソースを避けません。

まぁMac OS上のプログラム開発って仕事もありましたけど、その場合はITからテンポラリでMac端末借りればいいしと。

Mac OSベースの開発してる人は別ですが、業務用ソフトウェアの会社なのにMacつかっている輩は自分で資料もプログラムも作らない人でしたので、そういう見方になったと思います。資料見るだけの管理職とか、自分で手動かさない系。

なお、そういうワタクシも元々はMacユーザー。

大学入学時Macの8メガメモリ時代のデスクトップ全員買えって学部だったので、MacユーザーとしてPCはデビューしてますので、もともとはMac好きです。

が、まぁB2Bソフトウェアの仕事をチームでやっていると、色々見方は変わります。

とMacユーザーのディスりがながくなったので戻します。

で、レノボの赤ぽち。

ワタクシ、マウスは使いませんの、赤ぽちが結構ツルツルになるので、定期的に交換しないといけません。

という事で、ネットで発注。送料ゼロで990円。

結構すぐ到着しましたが、驚いたのがそのSCMルート。

Made in Japanって書いてるけど深センから国際便で3日ぐらいで到着。

という事は。

  1. 日本国内で製造
  2. 中国(深セン)に輸出
  3. 中国(深セン)にて在庫
  4. 発注オーダー受けて、出荷指示がかかり、中国から日本に輸出。
  5. 日本国内配送はクロネコ。

売値990円です。*原材料調達とかその辺は割愛しますけど。

輸出入、在庫保管コスト、製造コストと色々原価分析しちゃう質ですが、これで利益出るんですかねぇ。

まぁきっとものすごーく原価安いのだと思いますが、A4サイズよりでかい10cm厚の段ボール荷姿での到着を見ると、どうも改善ポイントがいっぱいあるように思えます。

ぜんぜん、普通提携郵便の封筒に入りますから、赤ぽち10個ぐらい。

このマトリョーシカばりのイレコ荷姿、積み付け効率の為とは思いますが、Fedexの封筒でよくない?

う~ん、謎。

その他国際便、国内輸送費の諸事例。。。

IHerbのサプリもカルフォルニアから3-4日で国際便で送料430円

商品20ドル以上だと、これ輸送料タダですしねぇ。

レノボもiHerbもいってもB2B契約で年間での輸送総量でみたらロットが多いので1輸送あたりの輸送費単価が抑えられるので販促費で無料もしくは安くなるってロジックはわかります。

一方で、国内輸送。

遅ればせながら母の日ように広島までパウンドケーキを送りました。

東京>広島間送料940円(クールじゃなくバター菓子なんで常温)翌日着

まぁこれは個人単発輸送なんで輸送費は高くなりますが、リードタイムはぜんぜん速いです。

同じ国内でも、CottaやTOMIZなどの製菓用品販売サイトは1日の受注数もコロナで制限で、中々オーダー出来ずやっとオーダーできても物流リードタイムが10日程。送料は6000~8000円購入じゃないと無料にならず送料1個口800円程度

ここも法人契約だろ?!と思いますけど、この遅延っぷりはどうなんでしょうねぇ。

海外からの輸入の方がリードタイム短いのですけど。。。輸送費も安いし。

じゃ、海外からの輸入が全部安くて速いかというと、そういうわけでもないく。

クラウドファンディングで夫が極小アダプタを購入しました。

香港からエアーだけど輸送リードタイムが賞味4週間!かかって輸送費10USD。

輸入にしたら輸送費は安そうよねぇ。クラウドファンディングなんで、大企業の法人契約程輸送単価安くならない気もしますが、送料はお手頃です。でもなんで深センよりLTかからなさそうなのに。。。コロナ期間はデモもやってなかったけどねぇ、香港。

知人からのネタでも昨年バカンスで過ごしたフィレンツェ郊外の農家からオリーブオイル、まぁ10kgと重量があるのもありますが、これは輸送費が132€とそこそこかかったらしいです。

個人サイトなどの輸入だと輸送費考えるとなかなか購入に躊躇するのはこれですよねぇ。。。

ただ、遅いイメージのイタリアンポスト使った割には、パリ経由の航空便だったそうですが、一週間ぐらいでちゃんと届いたみたいです。

昨今は色んなものが可視化できたり、トラッキングできるが故にルートやコストの謎が深まります。