ミニマリスト、「おかずの作置き」を断捨離

健康
Goldenargo.com

週末にある程度作り置きおかずを作られているご家庭も多いかと思います。

巷では、出張家政婦さんに冷蔵庫にあるもので一週間分料理つくってもらうのはやってるだとかも聞きます。

ワタクシも独身時代、平日の時短に向けてせっせと週末買い物&作り置きをしておりました。

現在、色々生活サイクルがかわったこともあり、漬物系以外はほとんど作り置きをしておりません。

言い換えるなら、作り置き作業自体を断捨離してしまいました。都度つくって食べきっちゃいます。

今回は栄養価を考慮して作り置きの断捨離に至った事について綴ってみたいと思います。

それって時短?でも酸化してない?美味しいの?

ワタクシ、大の食いしん坊で料理も好きです。

さらには、面倒な作業は断捨離したいミニマリストです。

でも、目覚めてしまったのです、保存しておくってことは「酸化」「劣化」するということを。

そして一汁一菜でも良いということを。というか、最近うちでは平日はおかず1品のみがほとんどです。

やはり、おかずの品数を増やして、都度都度つくるなんて仕事持っている身ではできません。

サラリーマンやってて忙しい時は、深夜に帰宅しゆでるだけの「カトキチ」うどんにポン酢で終了でした。でもそんなんもつづくといやで、きんぴらやらホウレンソウのナムルなど、作り置をしておりました。

でも、考えがかわったんです。

アーリーリタイヤしたので、時間があるからでしょうってのもあります。

ただ、新鮮なものを新鮮なうちに食べきるというのが、体にとっても、冷蔵庫で死蔵品をつくらないためにもとても良いのかなと目覚めてしましました。

働いていた頃は週末一週間分の買い物をとなると、何かと買いすぎてしまう傾向がありました。でもそうすると、冷蔵庫ぱんぱんだし、奥の方で干からびている野菜や食材に気づかず、結果捨ててしまうこともしばしば。

アーリーリタイアで時間持ちになったのもあり、夕方のスーパーが込む前にゆっくり買い物もできます。これ結構メリット。

都会暮らしのメリットは歩いて数分にスーパーとしての「冷蔵庫」があると思えば簡単です。故にうちは冷蔵庫もダウンサイジングしました。けっこうガラガラです。

ツワモノミニマリストだと冷蔵庫ない理由ってこれですよね。

また、できるだけ「酵素」や「フィトケミカル」を吸収するには「生」食がカギだともこちらの本で学びました。

以前は、野菜はたっぷりとるために加熱してカサをへらしてというのが「正」とおもってました。

が、最近糖質制限をしつつ、野菜特に根菜は糖質が多く昔に比べて土壌がやせているので大した栄養も少なく、その少ない栄養も加熱すると死んでしまうケースが多いと学びました。であれば、新鮮なものを生食するほうが良いかなと。

もう、中年の夫婦ですので、食べすぎ・過食が一番体に悪いので、腹八分六分をめざせば、量はいらないなと。新鮮で良いモノを少し、に変えていこうとなると、おのずと「新鮮さ」と「加熱後長く放置しない」という事が重要となり、作り置きの断捨離となりました。

温めなおしがないので、レンジもありません。

もう一点、作り置きをしない理由というか結果というか、電子レンジがないことです。というのも使わないから。

まず、添加物の多い加工食品は買いませんので、チンするプロセスが料理にありません。

あと、一般的には冷ご飯の温めなおしがレンジの用途の大部分かと思いますが、うちは都度鍋で夫のごはんを炊くので、冷ご飯はありません。また夫がレンチンごはんがまずくて嫌いってのもあります。

ゆえに電子レンジがないと。

野菜も圧力鍋や蒸し器で調理する方が断然美味しいですしね。

貴族的な優雅な時間の使い方と思われるかもしれませんが、炊飯1合であれば15分もかかりません。炊飯器よりよっぽど早くて美味しいです。

餃子も皮から作りますが、意外と簡単です、蒸し物なども(今は食べてませんが)自分で作ったほうが美味しいし素材も安心ですね。

最近は「酸化」を避けて、ミンチ肉は買わなくなりました。麻婆豆腐の肉もできるだけ塊か薄切り肉を家でチョップしてます。

あとは、料理が趣味だったので、忙しい仕事の合間でも「息抜き」「娯楽」としてできたというのがポイントかもしれません。

平素は栄養価を考慮したシンプルな食事にして、たまに凝ったものを数品作るってうので良いなとマインドチェンジしてからは作り置きが無くなりました。

栄養は最大限、作業も手間も保存容器もミニマムになるので、作り置の断捨離、全部は無理でも一部工夫して見られてはいかがでしょうか、おススメです。