着物や洋装にも、モモンガコートを手作り。

手作り
Goldenargo.com

皆様、モモンガコートってご存知ですか?

着物を着るようになり、一般的には「帯付き」では外を歩かないルールだそうで、羽織やら道中着などなにかしらの上着を着るそうです。

まぁ冬なんでなんか着ないと寒いのですが、ここで一つ問題が。

一般的な道行や道中着ってどうもダサい。

お宮参りのお母さんてきなイメージがあり好きではありません。

うちのお義母さんにも何枚かもらいましたが、どうしても礼装しないといけない時を思って一枚残しましたが、あとは断捨離です。

この辺、ミニマリストはドラスティックです。

ただ、日々の着物ライフではなんかコート的なものを着ないと冬場は寒いのです。

ほぼ外を歩かない、地下鉄の駅までだったら着物でも全然暑いぐらいなのですが、風がいけません。

着物って、身八つ口って脇の所が切れてるじゃないですか。

ここが夏はベンチレーションで涼しいのかもですが、冬場はピューっと風が吹き抜けます。

着物だけじゃなく、道中着とかもここ空いているので腕まわりがスースーするのです。

本題からずれますが、アームカバーも手作り。

登山のニッカボッカ用の長いウールのハイソックス、気に入ってたんですが、ウールって弱いのかすぐ穴があいて、捨てそびれておりました。

【モンベル】メリノウール アーガイル ニッカソックス
滑らかな肌触りで優れた保温力を発揮するメリノウールを採用した、薄手のひざ上丈ソックスです。落ち着いたアーガイル柄を採用しています。

一応流行りのダーニングというので穴あきは処理してこの冬のスキーの時につかったんですが、やっぱり薄くなってきてました。

こちらを活用して、レッグウォーマーにしようかと思ってましたが、今回ちょうどいいので、アームウォーマーに。

話をコートに戻します。

さらに、着物の場合は帯の体積があるので、洋服のコートが着れません。

と、どうするかなぁとネットでリサーチするとあるじゃないですか!

モモンガコートといふものが。

和装、洋装両方兼用できるというのもミニマリスト好みです。

1粒で2度美味しい汎用使いできるものは大好物です。

作り方の詳細は多くの方がブログで公開されているので、割愛です。

さっそくユザワヤに生地を買いにゆきました。

ちょうど素敵なツイード生地、ちょっと北欧風ポップな緑のウール生地が見つかります。

さらにこれらはセール中。ツイードは350円、緑は950円!

両方とも幅が140cmあったので、それぞれ1mづつ買えばOKです。

ツイードは気に入っているのですが、生地が薄めなので当初緑と縫い合わせてリバーシブルにしようかと思いましが、着物を2か月来てる感じだと、割とあついのです。春先や初夏の羽織としても使うためには別々で2枚作って、寒かったら十二単じゃないですが、重ねれば良いかなと。

リバーシブルって結局一方しか使わなかったりしますしね。

というので、ツイードのほうは生地の端だけほどけないように、生地の横糸を何本か抜いてその糸でブランケットステッチを。

フリンジみたいに残すのがポイントです。

緑の方は襟の返しの部分を縫い抑えてます。

なかなか素敵にできあがりました。