ミニマリストの引越し フェーズ4引越し当日

エコ・ゼイロウェイスト
適切な写真がなかったので、夜景の写真でも。。。 Goldenargo.com

前回間が空きましたがやっとフェーズ3梱包について記事にしました。

ミニマリストの引越し フェーズ3 梱包あれこれ
師走ですね~色々忙しくなってしまい、フェーズ2から間が開いてしまいましたが、以前ワタクシ、ミニマリストの引越しについてあれこれ書きました。本日はフェーズ3としての梱包フェーズについて書いてみたいと思います。引越し作業最中は、集中しており全般的に写真を撮り損ねたので、今回はほぼ写真がなくて申し訳ないですが、皆さん、想像してください!いつから始めるべき...続く

で、やっと引越し当日であるフェーズ4です。

この日は戦場さながにドキュメンタリー風レポートでお届けしたいと思います。

引越し当日朝5:00起床

いろいろ準備も終わり、当日の朝使うもの以外はすべて段ボールに詰め終わりました。

閉めれる段ボールは封をしておりますので、最後朝に使ったものをしまってガムテープ張るのみです。

とは言え、そこそこ時間がかかるよなぁ、業者さんが来るのは8:00の予定ですので、それまでに終わらせる必要があります。

できれば、早めに終わらせて掃除もしたい。

となると、やっぱり5時起きか。。。

早起きはできなくないですが、冬場は布団にできるだけ長くいたいのが人の心情。

しょうがないです、5時起きです。

起床後はちゃちゃっと朝ごはん作って食べて片付けます。ATPファイナルの試合を見つつです。(まだAV機器は最後までいるようなので未梱包です)

私がキッチン片付けてる間に夫にまず身支度をしてもらいます。

夫の身支度がおわると、AV機器系と残りのモノを段ボールに入れて封をしてもらうよう指示をだします。

なんだかんだ、最後もまだテトリス梱包が大変です。緩衝材とのバランスと空き具合みて。

その間にワタクシの身支度。

7:30には全部おわりましたが、結構ギリギリだな~と搬出後の掃除道具をチェックしつつ、掃除を始めます。

引越し当時朝7:55 ピンポーン、業者到着養生開始。

引越し屋さんが到着し、マンションと部屋の入口など養生開始です。

今回はベテランさんともう一人計2人来ていただいて、主にベテランさんが部屋にいて運び出し指示だししてます。

以前薪割いったときの林業家の社長が言ってましたが、人材育成みたいな文脈で「作業はできても仕事でいる人が少ない」と。

とても良くわかります。引越し一つとってもそうですね。

わりと引越し回数重ねてますので、業者さんも結構観察してるんですが、1人確実にエースがいます。逆にエースいないような引越しはだめですね。3~4人いても指示出せる人でアルバイト動かせないと。

業界的に輸送業・運送業は人手不足が慢性化してますので、全員をエースにはできません。下手すると正社員どころかアルバイトもなかなか手配できなかったりするようです。

でも、エースの仕事はほれぼれします。指示の出し方、過去からの搬出梱包のノウハウ。

ワタクシ前職でSCMとか物流が専門だったので、ものすごくこういうの観察しちゃうんですねぇ。標準的な形じゃないものも、カッターと残りの段ボール使って器用に梱包しながら、バイトに指示だしてと。

今回は2人だけでしたが、まず段ボールを3~4段積みにして運び出し、その後段ボール以外のモノを運び出し、最後に冷蔵庫洗濯機を2人がかりでという具合です。

1時間もかからず、搬出終了。

やってるそばから、冷蔵庫の裏や洗濯機の跡を掃除機雑巾がけしていきます。

その後移動というので、我々も施錠したうえで徒歩に移動。

10:15am過ぎ、新居搬入開始。

我々が徒歩で移動して新居到着後、数分たってトラックも到着したようで、管理人さんに挨拶後養生開始。

どんどん、段ボールが搬入されてきます。

エースの方に大まかに置き場所をワタクシから指示し、置いたそばから今度はワタクシ達の出番です。

できるだけ、引越し搬入が終わるまでに開梱する。

これも一つの「引越しチャレンジ」です。

開梱後の段ボールって結構邪魔なんですよ。後日業者さんが回収してくれるんですが、マンションの普通の資源ごみではだしてはいけないので、そのへんにごろごろさせておくのが嫌で。

モノの多い家庭では引越し後数か月「開かずの段ボール」及び、それが置いてある「使わずの部屋」があると思うのですが、我が家にはそんな余裕というか余剰ムダはありえません。

引越し終了まですべて開梱は無理としても、できるだけ要らん段ボールは当日持っていってほしい。

というので、徒歩で旧居から新居に向かう間に夫と打ち合わせです。

もちろんプロジェクトリーダーはワタクシなので、手順の確認です。

というのは、こういう際、殿方ってあんかんのです。

結構細かい事にこだわってしまい、対極がみえていないケースが多いです。

「それ、今じゃないでしょう!」ってちまちましたことをやりがちなので、大まかな手順を確認です。

  • ポイント1:箱イン段ボールになっているようなAV機器やら雑貨の段ボールから開梱する。
  • ポイント2:内容物の少なくて大きいモノの箱から開梱する。
  • ポイント3:ちっちゃく細かいモノは後回し。

と、事前打ち合わせしてましたが、「なんで今それ!怒」ってちょっとはなります。

まぁ、怒ってもしょうがないので気持ちよく仕事してもらえるように言い方が重要です。

夫にも頑張ってもらい(途中アクシデントがあったので「怒」となってますが後述)、業者さんが終了するまでに半分は開梱して段ボール持って帰ってもらいました。残りは後日。

あとは、根を詰めづにのんびり休憩しながらで。

引越し1週間前からなんだかんだやることも多いですし、緊張感がみなぎってましたので。

引越し当日、10:15、アクシデント発生、お前か東京ガス(怒)

今まで複数回引越しをかさねてきて、こんな失態は初めてです。

それも我々のペナルティーではなく、完全に先方の。

今回抜かりなく引越しできるよう、いわゆる住所変更手続き系は結構前から実施ずみでした。

電気ガス水道などなど。

最近は結構インターネットでできたり、一括でやってくれるサイトなんかもあるようです。

ワタクシ共ももちろんネットでやったんですが、やってくれました東京ガス。

我が家は自由化の波に乗って、電力は悪徳の東電さんからパッチョの可愛さにやられて東京ガスに乗り換えたので、電気もガスも東京ガスに連絡すればしまいでした。

ガスの開線立ち合いも引越しの午後に予約済みです。

近居到着後、水はでるのですが、ブレーカーを入れても電気がつきません。

なんでや!

本日から使えるように手配しているのに。電気ですが、東京ガスに夫が問合せます。

夫は長らくソフトウェアサポートの仕事もしてますので、コールセンター業務は良く知ってます。が、東京ガスのコールセンター、、、全然イケてなかったようで、電話が怒り爆発です。

この電話問合せの時間ロスがなければ、もっと段ボール開梱して当日持って帰ってもらえたのに。。。と後日談。

詳細は腹立つので思い出したくもないので割愛しますが、要はインターネットだけでは引越し移転依頼は完了しないようで、本人確認が電話で必要なようです。

先週夫の電話に何回か電話があったようですが、コールバックや留守電、SMSでのメッセージも残ってなく、オレオレ詐欺もはびこっている現在、知らない電話番号には電話かけなおしません。

必要あれば向こうがしつこくかけるでしょう。電話かからなくてもお客様登録してメールアドレスとかXXサイトでメールボックス通知もできるでしょうし。

それなのに、1~2回電話にでないので本人確認ができないから、電気が通じないとか、もう本当に初めてです。

その上、客側が有料のナビダイヤルでしか問合せができないのに、延々とそこから本人確認に関する説明をはじめようとするので、夫がきれて、この電話にかけなおして説明しろと。

複数回引越しで電気ガス水道の手続きしてますが、電話で本人確認いるとか初めてです。法律でもかわったのかもしれませんが、だったらインターネットで完結しないじゃん。と。

プリっと解決どころか、夫をプリプリ怒らせてどうする、一番めんどくさいクレーマーやで。

まぁ、もう済んだことなので良いですが、皆様もお気を付けください。

ちなみに、過去これらエネルギー会社、どちらの仕事もしたことありますが、まぁ消費者ナメテル会社でやってられんわと思います。が、まだまだエネルギー配線断ち切れない根性なしなので、、、あこがれのオフグリッドに移行できるよう日々努力と勉強です。

11:10AM過ぎ、搬入作業終了。

夫はプリプリしてましたが、11:30にはやっと電気もついてやっと落ち着きました。

ガスの立ち合いは午後だったのでお茶も沸かせませんから休憩もできないし、朝も早かったので開梱作業は中断し、早めのランチに行くことに。

新居周辺のパトロールも兼ねて店を物色です。

本日は平日の月曜日、サラリーマンで混む前にといくつかみて炉端焼きのお店がランチしてたので、こちらで美味しく豚バラ炭火焼き丼(夫)、とから揚げ定食(ワタクシ)を頂きました。

店も小奇麗で、炭火焼きの焼き台もあってお兄ちゃんたちも爽やかだし、また夜もこようと。

周辺、結構リノベしたカフェやらコワーキングスペースやらデザインオフィスがあってちょっと昔とは変わってきたエリアなので、また探検します。

さぁ、残りは引越し後の作業です。