The Big Bang Theoryと目指せブルーオーシャン「オタク市場」

本/映像/芸術
Goldenargo.com

ワタクシ、後輩女子に過去からアドバイスしていることがあります。

それは古い言葉でいう「3高男子」獲得に向け熾烈な競争環境で争う「レッドオーシャン」で争うのではなく、人気ないけどニッチでキラリと光るかもしれない「ブルーオーシャン」である「オタク」市場。

十数年前はやった INSEAD の教授の書籍「ブルーオーシャン戦略」をもじって使っております。

今回はこの「オタク」人種のおススメポイントと、最近はまっているオタクラブコメディ(らしい)ドラマ「Big Bang Theory」について綴りたいと思います。

オタクのススメ

ちなみに、ワタクシの夫も「オタク」です。外出するオタクではありますが、 ギークとなナードと呼ばれる人種です。本人の領域を侵すことは絶対許されませんが(スポーツアニメとかITガジェット等)、それさえ守ればとても気持ちの良い人種です。

まず、けっこうな確率でオタクは一人暮らし率も高いので、自分で家事出来ます。

我が家の場合長らくDINKSでしたので、家事は分担でやっておりますが、まったくもって特に不満はありません。

妻担当:

  • 炊事台所まわり
  • お風呂トイレ掃除

夫担当:

  • 洗濯
  • 掃除

ワタクシがサラリーマン辞めたので、最近掃除は私の担当でやってますが、私が不在の土曜日などは気になる用で夫がやっています。

洗濯なんかは逆にダメ出しされてて、「お前の干し方はなってない」と。じゃやって、よろしく。

ある意味ワタクシ「勝ち組主婦」です。笑

男性も一人暮らしがそこそこ長いと身の回りの事は自分でやりますし、自分なりのこだわりがある人が多いように思います。

夫は一人暮らしの頃から料理だけはやらなかったそうで、私がやってますが、「本気出してないだけ」らしく。イッチョマエに海外の料理番組は良くみてます。「マーサスチュアート」「ジェイミーオリバー」「ナイジェルスレイター」最近は菓子職人コンペティタリアリティ番組の「ベイク」やメアリーベリーの料理番組など。

これら、全部DLifeの番組ですね。無料で視聴できるので、おススメです。

料理番組の英語は固有名詞で不明な食材系はたまにありますが、基本そんなに難しくないです。

以前ドイツにいたころ、向こうではチームビルディングの一環でチーム分かれて料理作るアクティビティーが良くあるんですが、この時これら英語知識が役に立ちました。(ドイツ語もまざるんですけどね。)

話が脱線しましたので戻しますが、料理食器洗い以外は夫がやってくれる感じです。

基本彼のオタク領域を侵さなければ、ぜんぜんほっといて私は好きなことができるので、長い事楽しく生活するには良い相棒と思います。

働いているお母さんの話を聞くと、なかなか夫が家事など手伝ってくれないと。本人的には手づだっているつもりだそうですが、そもそも「手伝い」と言ってる地点でアウトだそうで、それお前も主体的にやることで補助的な「手伝い」と思っている時点でダメだと。

また、単語になりにくい「ステルス家事」も多いようで、世の中の働くお母さんがいつもくたびれて見えがちです。たまの休日でもママチャリに子供2人お母さんがのせて荷物もいっぱい持っているのに対し、一人で自分の肩掛けバックだけでスマホ見ながら自転車乗ってるお父さんを良くみかけます。あれ、だめよね。

私の知っている範囲では、オタク夫のほうがこだわりがあって家事やっている率がとてもたかいように思います。

ギラギラした昭和バブル男子にくらべて女性に興味もさほどなく、浮気の心配も少ないですし、ニッチ知識や技術もっている率が高いので、仕事や給料もそこそこあるケースが多いように思います。

良いのになぁ、オタク男子。世の中の女性たち、いかがでしょうか。

The Big Bang Theoryのシェルドンが好き、でも同居人としては嫌だけど。

皆様、Big Bang Theoryというオタクラブコメディをご存知でしょうか。

301 Moved Permanently

たまたまDlifeで料理番組見てた時のCMで知ったんですが、「ヤングシェルドン」などのスピンオフドラマまであるようで、アメリカでは人気のようです。私はエミー賞の授賞式を見てた時に知りました、スピンオフまであるんだ、へー。

で、この番組、詳しくはネタバレになるので書きません。ぜひご覧になってください。

基本4人の仲良しオタク、レナード、ハワード、ラージ、そしてシェルドンを中心にお向かいに引っ越してきた一般人パツ金女子のペニーがドタバタに巻き込まれる内容です。

オタクは基本Dr.で大学の研究職についている、IQ170越えの天才たちです。

それぞれ、物理であったり電子宇宙工学であったり専門分野は色々ですが、みなさんSFはじめコミックブックなどの漫画など趣味の分野に共通があり、日々学生か?!といわんばかり連れ寄ってあそんでます。

また天才だけあって遊び方いたずらも半端ではなく、NASAで使う予定のロボットやレーダー持ち込んだり、受け答えが一般字だと「Speak English!」といわれそうな難しい専門知識がおおいにまぜこまれたり。

ただ、やっぱりオタクでも、本当にハワードは本当に気持ち悪くて、この人は隣にいたらいやだなとおもったりもします。MITのマスターなんですけどね。シェルドンとかレナードとかラージは友達でも面白そうだけど。ハワードはオタクにしては女性への興味が露骨すぎてひかれるタイプのように思います。

これらオタクに対峙する役柄で普通の女の子設定でがんばっているペニーが健気で可愛いです。

中身行っちゃうと面白くないので、ぜひご覧ください。私は夫と腹を抱えて笑っています。