噂のGo To トラベル鞆の浦-夫の実家断捨離、番外編1。

国内旅/近所
Goldenargo.com

ワーケーションにて夫の実家に滞在中です。(ワタクシは仕事してないけど)

ミニマリスト、二拠点生活の実証実験、夫の実家でワーケーション。
週末夫の実家に移動し、これから2週間ほど今はやり?のワーケーションを実証実験してみます。まぁワタクシは働いてないのですけどね。。。夫の実家に長め滞在の最大の目的は、義理の両親の色々整理のお手伝いです。そろそろ80目前なので、モノの断捨離だけではなく、家財資産やら収入経費やら無駄なモノがないか、より安全で楽しめる所にお金を振り分けられるかも含めて、実態把握と整理かなと。...続く
ワーケーションにて夫の実家断捨離整理1
この週末より夫の実家にてワーケーションを実施しております。あまり最初から飛ばしすぎると、嫁姑戦争勃発しても問題なので、加減をみながら気長にです。本日は取り組み初日として以下のアクティビティーについて綴りたいと思います。義母のダイエット伴走-朝の散歩庭仕事-玄関門扉前の雑草一掃作戦夫実家収入支出の把握とご提案洗面所の整理断捨離義母のダイエット伴走-朝の散歩...続く
ワーケーションにて夫の実家断捨離整理2
引き続き夫の実家でワーケーション中です。断捨離モノの整理はやりすぎるとダメなので、あまり強引には進めておりません。それよりも、庭がぼうぼうすぎるので「庭師」の如く午前中は剪定作業をすすめてます。まずは庭がすっきり不要な木や雑草、枯れてる枝などなくなって「スペース」ができれば風通しも良くなるので、樹木や花も良く育つかなと。義母はお茶やお花のお免状もっている人...続く

平日は断捨離と庭の剪定に明け暮れてますが、一週間結構肉体労働したので週末は以前から予約してた鞆の浦に両親を伴って訪れることに。

当初は「おっ、これGo Toトラベルで還付されるやん!」と思ったのもつかの間、東京都住所の人は除外とのこと。

残念。

ただし、義理の両親分は広島県内移動の旅行代OKちゃうんというので、還付申請もしてみましたので、旅ログもあわせてつづってみたいと思います。

初、鞆の浦。

万葉集の歌で有名な鞆の浦、だそうです。

ワタクシ、ぜんぜんこの地の事は知らず。

夫も夫の両親も広島県に長いのでなんどか来たことがあるそうですが、泊りははじめてで。

ま、そうでしょうねぇ、距離的には日帰りで来れる感じですし。

今回はコロナ禍というのもあって、お部屋に露天風呂がついている素敵旅館に一泊することになりました。

お宿は遠音近音さんです。

【公式】汀邸 遠音近音(みぎわてい をちこち)広島県福山市鞆の浦、全客室温泉露天風呂付
広島、鞆の浦の宿「汀邸 遠音近音(をちこ&#12385...続く

バルコニーからは仙酔島が見えますので、ワタクシも仙人にあやかってシュワシュワをぐびっと。

露天風呂からもこの眺めが見えます。

実はここの旅館、以前も予約したことがあったんですが、義父の体調がすぐれずその時はキャンセルに。

瀬戸内のタイとタコをたべるぞ!というので息巻いてましたので、やっと念願かなって鞆の浦に訪れることになりました。

なので知らなかったんです、ここ、崖の上のポニョの舞台だそうで。

宮崎監督も長逗留されたらしく、福山の駅にはネコバス?もあるそうです。

まったくのノーマークです。

瀬戸内好きの友人にあとから聞きました。

本日は宿でのんびりして、明日少し散策してみることに。

お部屋の感じ

今回は2週間ベターっとおっとの実家で断捨離とかするので、ずーっと一緒だときっとしんどいと。

そう思いまして、間の週末は旅館をとりました。

もちろん例の給付金2人分をどんとつかって両親もつれていきます。

今回スイートの部屋4人1つでもいいかなとも思いましたが、平日一緒なので旅館はでは2部屋のほうがいいかと、スタンダードのお部屋を2部屋とりました。

ですが、最上階の2部屋つづきだったので、まったく問題ありません。

お部屋の感じはこんな感じです。

自分で豆を挽くコーヒーセットがあったり、冷蔵庫の飲み物はアルコールも含めて無料でした。

TVみてもサウンドシステムがちゃんとついてて、やはりウーハーの重低音はちがいますねぇ。

もし家を建てるとなったらこの辺は配線含めて凝りたいエリアですが、今は賃貸なので、たまにこのようなホテルや映画のドルビーアトモスなどで楽しむ程度です。

また、同じ階に予約貸し切りのお風呂が2つあったので、こちらも無料で利用できますのでつかってみました。

こちらもなかなか広くて充分でした。

なお、このお宿、表面はう古い住宅に手をいれているのでとても趣があります。

表の古い建物から渡り廊下を通って、奥の建物に入るようなアプローチになっております。

行ってから知りましたが、「ウルヴァリンサムライ」のロケ地だったんですね、鞆の浦。

ヒュージャックマンもこの宿に泊まったらしく、ロビーに写真がありました。

なんと。

映画の舞台は一応長崎のはずですが、撮影自体はいろいろ違うようで新幹線も東北新幹線でしたね、そういえば。

お宿や風景だけでもぜんぜん楽しめますので、おススメです。

一番の目的、瀬戸内料理。

さて、お待ちかねの夕食です。

今回中年夫婦にシニア夫婦なので、「少量美食」というコースでお願いしました。

旅館のお食事って、豪華で量も多く、食後おなかぱんぱんでお風呂になかなか入れません。

よって過去の経験から「少量美食」を選びましたが、それでももうお腹いっぱい。

さすがに瀬戸内、海の幸が充実してますし、食べたことない魚介もいっぱいです。

写真は1枚とり忘れましたが(泉州水茄子と虎魚の南蛮漬けの一皿)、それ以外はこちら。

なかなかおなかいっぱいです。

本日はこの辺で部屋でゆっくり、風呂に何回はいれるやら~

翌日は次回に続きます、お楽しみに。