2018イタリア旅行1 ローマ・ボルゲーゼ美術館

オーソーレミーオー!梅雨の日本とは打って変わってローマは爽やか!

今回宿はローマのど真ん中スペイン広場のすぐ近くにとったので、どこにでも歩いて行けます。ワタクシ15年程前に妹とイタリアに来たのとその後母と叔母を連れてきたことがありますが、最初の時は社会人2~3年目ぐらい。貧乏旅行でホテルにはお金は使えませんでしたが、今回は結構な経験を積んでからの旅行。旅はホテルで決まるというのを承知しておりますので、最高級まではいきませんが、そこそこお金をかけて立地とグレード選びました。今回は大型ではないプチホテルで立地優先に。

逆に母と叔母連れてきたときは、いろいろ面倒で個人旅行ではなくツアーにしたんですが、ぜんぜん記憶にのこってないのですよね。やはり自分で調べないとねと。

そんなこともあって、目の前のスペイン広場の階段を上がり、朝から大好きなボルゲーゼ美術館と公園にボチボチ散歩して、ベルニーニの傑作を堪能することに。

こちらの美術館は予約が必要ですが、Webで簡単にとれます。英語に自信のない方であれば日本語の旅行会社でもとれますので、必ず予約の上訪れてみてください。ベルニーニは街中にもいっぱいありますが、アイキャッチ画像のアポロとダフネが1番好きかも。ローマ皇帝の胸像やら神話をテーマにした彫刻などとてもおススメです。一歩そとに踏み出ると庭園もありお天気が良い日は散歩ににうってつけです。

ボルゲーゼ美術館を後にし、朝来たスペイン広場まで戻って、コルソ通りを南下しヴィクトリアーノからフォロ・ロマーノ、コロッセオへと歩いてみます。ローマは案外狭く歩いて回れますのでぜひ皆様ウォーキングして楽しんでください。バスツアーでは見られない街行く人やちょっとした建物、お店が見放題です。

ワタクシ海外では特に好んで大きめの「大内順子氏スタイル」サングラスをかけます。実用としても、街ゆくひとびとを上から下までジロジロウォッチングするのに、最適です。

特にここはローマはイタリア。おばちゃんのファッションがとてもカッコいいのです。地元人は動きが速いので朝の散歩時がスーツ姿のビジネスパーソンをウォッチしやすいので、時差でどうせ早起きですし、朝からの行動がカギです。ぜひ散策してみてください。

フォロロマーノについては別記事で続きを。お楽しみに。