NZウェリントン旅11 空港ラウンジ編楽しみなイエローペーパー

海外旅
Goldenargo.com

そろそろ帰国なので、NZ空港事情について最後に。

ウェリントン市中からはタクシーで20-30分30-40ドルなんで割りと近めの滑走路一本のこじんまりした空港です。
オークランドもそうでしたが、Air Newzealandは国際線より国内に注力なのか、国内線ラウンジが国際線バリに充実。メルボルンの同僚によるとカンタスやオーストラリアも国内移動が飛行機になるため、国内線のサービスが同じく良いそうです。

ホットミールも多く、バリスタがコーヒー入れてくれます。

今回そこまで興味無かったので行きませんでしたが、昨今のハリウッド映画、ウェリントンやNZでの撮影が多く空港挟んで市中と反対側にWETAスタジオがあるようで、空港にも攻殻機動隊の芸者ウェイトレス?の展示が。 ロードオブザリングとか好きな方は行ってみてください。

最後に空港ラウンジの私の楽しみかたを共有。特に海外の空港ラウンジにはいると必ず物色するものがあります。そうです、下世話なイエローペーパーがあればベスト(笑)、英字新聞やその他言語のローカルペーパーを2~3ゲットします。

今回はこちらをゲットしました。なかなか気になる見出しです!

時間つぶしに海外の芸能ネタやスポーツ、お家や旅行の広告など、お国柄がでるので、楽しく読んでます。またこれらは読み終えてぽいっと捨てません。帰るまでが旅行なので、必ず持ち帰り活用します。

我が家は日経新聞電子版の購読のため、紙の新聞がありません。あれは結構使い道が多く、窓ふきや魚やイカの内臓処理やら掃除で使い道満点です。(昔引っ越ししたてでカーテンがないときは新聞を張ってアジト感満載で数日過ごしたことも)

折り紙が得意な方はこんなふうにおって、キッチンの生ごみ捨てにもつかえます!ぜひ活用してみてください。