NZウェリントン旅6 街中編

Goldenargo.com

本日は昨日までの大自然とは違って首都であるウェリントンの街中をレポートします。政府中枢機関が駅近に集中しており、バームクーヘンみたいな国会議事堂とかメルボルンにもあったような昔の銀行を利用したプチショッピングモール。

知りませんでしたが、ウェリントンはコーヒーの街で有名?みたいなので、今回おすすめの一つでちょっと休憩。(旧イギリス宗主国の国ではクリームティーと決めてますが、水が違うのか紅茶あんまり美味しくない)

Lamason Brew Bar
Lamason Brew Bar、ウェリントン - 「いいね!」1,040件 - Lamason is a coffee house that specializes in top shelf espresso and siphon brewed coffee.

ラージのWhiteが5ドル。軽食と飲み物で15ドルはどこもするので物価は高め。NZ1ドル交換レート78円ぐらいですが手数料入れた買いレートだと84円。
NZっぽいのでWhiteを勧められたのでこれにしましたが、珍しくハンドドリップやサイフォンコーヒーもあるみたい、こっちにすればよかったです。

多分明後日夫が行きたいと言ってるNZのアウトドアメーカーの2つ(Mac PackとKathmandu)、どっちもセール真っ最中(50%OFF)なんで下見で場所確認。AZ在住の同僚によるとKathmanduの方がモンベルみたいな感じだそうです。Macpacは日本でもザックなどは商品展開がありますが、アパレル系は置いてないので、本国来たときはチェックしてみてください。

どちらもメインストリート沿いにあります。Kathmanduのほうは確か一本筋にはいった道にアウトレットショップもありました。ご興味のあるかたお尋ねください。その辺いったいアウトドアショップがぼちぼち集まっております。

後日本人と確認の上、せっかくなのでウールの長袖Tシャツ50%OFFだったので、2枚色違いを購入。レディースで同じモデルがあれば私も購入したかったのですが、前年ながらなく。オーガニックコットン系しかなく、、、せっかくウールの区にNZだし山用には混沌NGでウール最強なんですが、残念。

街はそんなに広くないので、散策しやすいです。欧州に比べてスモーカー少なく、思ったほど地べたに座ってる人がいない!し(街中も通りにベンチが多い)、割とクリーンで治安が良いので女性1人でも全然問題ないです。ルンペンのおじさんも少な目ですし。

ぜひ機会があれば散策してみてください。