コロナ悪疫退散!「蘇民将来子孫也」と唱えながらの茅の輪くぐり。

国内旅/近所

宇治には母と一緒に回ったのですが、母とは夕方分かれて、ワタクシはその足で電車を乗り換え京都市内へ。

せっかく来たので、京都の友達と会食することに。

待ち合わせは祇園四条、お京阪でそのまま乗り換えていけます。

昨今のインバウンドでなかなか京都には行きません。

年始に大学の行事でちょっと立ち寄りましたが、まぁうちの大学端っこなんで。

祇園の辺りに行くのはほんと久しぶりです。

待ち合わせまで時間があったので、その辺をぶらぶら。

懐かしの東華菜館がみえたり、

写真は南座ですね。さすがにコロナでやってない。

ちょうど一回り前のネズミ年に勘三郎の顔見世見に行ったなぁ。

ネズミ年だけに、「宙づり」など派手な演出でした。

などを思い出しつつ祇園をあるくと、まぁ人がいません。

お店も半分以上閉めてます。

コロナですね。

ついでに夏越の祓の茅の輪があったので、コロナ退散をお願いしてみました。

観光客もほとんどおらず、外人さんの1グループしか見ないとか、これまでの京都ではありえませんねぇ。

早くコロナ退散してほしいです。

「蘇民将来子孫也」と唱えながらの茅の輪くぐりで神頼みしときました。

そろそろ時刻なので、鴨川の方に戻ります。

鶉亭にて久々の会食。

今回のお店、名前に鶉がついてるのですが、フレンチで、以前の鍋の店名に鶉がついてたそうで、それを踏襲しているそうです。

鶉と言えば瓢亭の鶉がゆが冬場は有名ですねぇと店主と話しながら、昔はこの辺でも鶉が飛んでたそうです。

お店はガラガラだったので床で食事でも良かったんですが、ちょっと暑いなというのでエアコン効いている屋内の窓際席でも充分鴨川見えるし、今回はこちらの席で。

007も大好きなボランジェを頂きます。わ~うれしい。

たまにはよいですね、鴨川の床でシュワシュワ。

もっと暑いなら貴船の床をお勧めしますけど。

あそこは本物の「自然のクーラー」で行く価値ありです。遠いけど。

で本日のディナー。

写真は一部で撮り忘れちゃいましたが、美味しゅうございました。

ワタクシ糖質制限している旨も織り込んでいただいて、一部メニューを変えていただけました。

デザートもチーズにしてもらったり。

水ナスのサラダも美味で、やっぱりこのあと寄る夫の実家向けお土産は泉州の水ナスにしよう。

季節を感じるお食事と友との語らい。

コロナ禍ですが、出来る範囲で楽しくすごしましょう~